自慰依存症OLのオナニー体験告白ブログ

片思いの人を思いながら自慰をしていた切ない日々の思い出

今日は公休日だったので、のんびりと過ごしました。

昨夜も激しく自慰をしてしまったので、午前10時に目覚めるという怠惰な
朝でした。

こんな休日、部屋で過ごしていると思い出すのが、去年、片思いでとても
好きだったAさんのことです。

私は恋愛というと、これまでずっと片思いばかりでしたが、このAさんの
ことは本当に好きでたまりませんでした。

Aさんは私の職場の現場の非正規のアルバイトの方でした。

現場はほとんど非正規の方によって運営されていますが、当時の非正規の
方は直接雇用、協力会社、派遣と3種類の人たちに分かれていました。

Aさんは直接雇用の方で、ご自分で個人会社を経営されていて、何かご事情が
あって、ここでも仕事を掛け持ちでしている忙しい方でした。

年齢は私よりずっと上でしたが、とても若々しく、30代半ばにしか見えま
せんでした。

職場内の重要なチームのリーダーで、いつも頼もしく思っていたものです。

業務連絡等で私も現場に行くことが多く、その都度、Aさんはにこやかに
優しい笑顔で私に対応してくれていました。

言葉遣いがとても丁寧で紳士的でした。

Aさんと接することができたのは、ほんの半年程度でしたが、私はその魅力
に引きこまれ、いつしか、Aさんを見るとドキドキするようになり、性的にも
色々と妄想するようになりました。

そして、夜、家に帰ってきてベッドに入ると、Aさんのことを思いながら
自慰をするようになっていました。

(Aさん、抱きしめて、キスして!入れて!)

昼間みたAさんのスラリとしたセクシーな身のこなしを思い出しながら、
そんないやらしいことを心の中で呟きながらです。

具体的な異性を思いながらする自慰が、それまでの自慰よりも快感が強いと
いうことにも気づきました。

Aさんが私の上に乗り、挿入してくれていることを想像しながら陰核周りを激しく
擦り、「あっ、Aさん、いいっ!」と、続けているうちに、いつものように足がピーンと
なり、腰がせり上がってイッたものでした・・・。

そのAさんも昨年末で辞めてしまい、私は夜、フトンの中で何度も泣いた
ものでした。

切ない片思いだったAさんのことを今でもたまに思い出してしまいます。

※ ブログランキングに参加していますので、もし、よろしかったら、ポチっ
と応援してくださると嬉しいです♪

⇒ 人気ブログランキング 人気ブログランキング
⇒ FC2BlogRanking FC2 BlogRanking


2013年6月6(木) 午後10時48分




| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎晩、自慰に耽っていた中高生の頃

明日の木曜日は平日の公休日なので、朝早く起きなくいもいいので、それを
思うと今夜は開放感があります。

私は中学生の頃から手鏡で自分の性器を観察するようになりましたが、
中、高生時代はほぼ毎晩のようにオナニーしていましたから、(背はあまり
伸びませんでしたが)、性器はよく発育したのではないかなと思います。

性器はどんどん形がいやらしくなり、それを見るだけで興奮したものです。

学校ではごく地味で真面目、しかし私生活では変態的?といった二面性が
あったんです。

高校生の頃は愛液もものすごくよく出るようになり、性的興奮をするだけで
性器がヒクヒクヒクッと収縮し、オナニーをする前から濡れてたりしたものでた。

他の方のことはよくわかりませんが、私の場合は、高校時代はクリトリスに
被っている包皮の上から縦横に指先で激しく愛撫すると、ものすごく良くて、
膣への指入れを覚える頃までは、いく時は、たいていそこをものすごい勢いで
擦って「いった」ものでした。

自分でジラしながら「いくタイミング」をずらしたり、いくのを我慢したり
すると、余計いいのも知りました。

ジラしている間は、小陰唇を指で挟んで擦ったり、膣前庭を擦ったりして
気持ち良さを感じながらジラし、いきたくなると一気にクリトリスの包皮を
擦って、間接的にクリトリスを愛撫し、いく瞬間は、足がピーンとなって腰が
せり上がっていったものでした。

家族が留守の時は思いきり声を出せましたが、普段は家族が寝ている夜の
オナニーですから、声を押し殺すのが大変でした。

こんなことを書いていると、また変な気持になってきました。

明日は休みですから、これからまた・・・・です。

※ ブログランキングに参加していますので、もし、よろしかったら、ポチっ
と応援してくださると嬉しいです♪

⇒ 人気ブログランキング 人気ブログランキング
⇒ FC2BlogRanking FC2 BlogRanking


2013年6月5(水) 午後11時45分


| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自慰をする環境は一人暮らしの方がいいです

今日はユウウツな月曜日でしたが、午後7時にはあがって帰宅しました。

地方住まいのいい所は車通勤ができることです。

最初の大阪の時は電車通勤で、そして次の某県の事業所の時から車通勤を
しています。

大阪と次の始業所では一人暮らしだったわけですが、会社からの家賃補助も
あり、それほど負担もありませんでしたし、何より実家を離れて、暮らして
いたわけですから、解放感がありました。

その解放感の中には当然、オナニーも大胆にできるということも含まれて
いました。

受験生時代は、やたらと母親が夜食を持ってきてくれたり、大学時代も何か
あれこれと食べ物を持ってきたりと、ありがたいことでしたが、これから
オナニーしようという時に来られるとやはり嫌でした。

たいてい気配でわかるので、すぐに身構えたりすることもできて、オナニーの
最中にこられて、見られたなんてことはありませんでした。

一人暮らしの時はそんな誰に気兼ねもすることもないわけですから、オナニー
の頻度はかなり増してしまいました。

続けて毎晩してしまうこともあれば、2日あけてするといった感じで3日あける
ということはなかったと思います。

今でもよく覚えているのが、その頃、よくしたのが、バックスタイルを取って、
大きなミラーに映る自分の姿を見ながらするオナニーでした。

首をねじって見ないといけないので、ちょっと苦しい体位でしたが、アソコ
から肛門がばっちりと見え、アソコはとてもいやらしい形をしていて、自分でも
変態になったかのような倒錯感があり、ものすごく興奮したものです。

恥ずかしいバックの体位で男性に突いてもらっていることを妄想しながら指で
性器を思いきり愛撫し、「ここに入れてっ!」と声にならないような声で喘いだものでした。

※ ブログランキングに参加していますので、もし、よろしかったら、ポチっ
と応援してくださると嬉しいです♪

⇒ 人気ブログランキング 人気ブログランキング
⇒ FC2BlogRanking FC2 BlogRanking


2013年6月3日(月) 午後10時57分


| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © since2013 自慰依存症OLのオナニー体験告白ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。