試験中は自慰を10日も我慢した高校時代 - 自慰依存症OLのオナニー体験告白ブログ

試験中は自慰を10日も我慢した高校時代

高校時代は学年でも上位の成績だったので、中間・期末の試験の時は10日前
ぐらいから禁欲生活に入って、勉強に集中したものでした。

触りたくてたまらなくなることもありましたが、それはぐっと我慢しました。

ほぼ全科目でいい成績を取りたかったため、なんとか自慰を我慢しましたが、
今思えば、そんなに無理をせず、したい時に自慰をしても成績はそんなに変わ
らなかったかもしれませんし、逆に集中力が増したかもしれません。

今、高校生の女の子へアドバイスができるとしたら、そんな時でも無理を
せず、自分がしたいと思った時にして、すっきりした方が効率は上がるかも
しれません。

でも、試験がやっと終わってから安心して自慰をする時の快感は格別でした。

試験最終日は、早く帰ってオナニーしたいと朝から思ったものです。

そして帰宅して、制服も脱がず、制服のミニスカートをめくり上げて、股を
ちょっと開き、パンティの上から触るだけでもイキそうになるぐらいでした。

「あぁぁ・・・っ!」と声が出るぐらいでした。

パンティを脱いで、コンモリと盛り上がった肉付きのいい大陰唇に指を揃えて
全体を刺激し始める前から、愛液は噴き出していて、もうベトベトでした。

陰核はとても敏感になって勃起し、小陰唇も充血して開ききっていているので
ふっくらした恥丘や大陰唇を愛撫するだけで、間接的に陰核や小陰唇も刺激され、
快感が走りました。

敏感になっている分、すぐにイキそうになり、「あ、もういっちゃう!」
と、なりそうだったので、手の動きをゆるめて、ゆっくりと愛撫し、ピラピラ
した小陰唇を開いて膣前庭あたりを中指で擦り上げると、よだれが出るほど
の気持ち良さが・・・。

そして中指をゆっくりと膣に入れ、Gスポットを刺激すると腰が抜けるような
快感があり、「いいっ・・・!」という声が出そうでした。
(この指入れの快感を覚えたのは高2の時でした)

自分でジラしながらも、10分程度で「ああっ!もう、いきたい・・・!」
「今日は何度もいこう」と思い、膣の指を抜いて、左手の人差し指、中指、
薬指の3本の指を揃えて、陰核包皮を思いきり擦りました。

私は左利きだから、主に性器の刺激は左手、バストの刺激は右手です。

そして、10日も我慢していた絶頂感がやってきて、「いいっっ!!」と、
いつものように足がピーン!となり、腰がせり上がって、ガクガクとなりながら
白目を剥いてイってしまったものでした。

※ ブログランキングに参加していますので、もし、よろしかったら、ポチっ
と応援してくださると嬉しいです♪

⇒ 人気ブログランキング 人気ブログランキング
⇒ FC2BlogRanking FC2 BlogRanking


2013年6月9(日) 午後11時11分




| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバック
Copyright © since2013 自慰依存症OLのオナニー体験告白ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。