毎晩、自慰に耽っていた中高生の頃 - 自慰依存症OLのオナニー体験告白ブログ

毎晩、自慰に耽っていた中高生の頃

明日の木曜日は平日の公休日なので、朝早く起きなくいもいいので、それを
思うと今夜は開放感があります。

私は中学生の頃から手鏡で自分の性器を観察するようになりましたが、
中、高生時代はほぼ毎晩のようにオナニーしていましたから、(背はあまり
伸びませんでしたが)、性器はよく発育したのではないかなと思います。

性器はどんどん形がいやらしくなり、それを見るだけで興奮したものです。

学校ではごく地味で真面目、しかし私生活では変態的?といった二面性が
あったんです。

高校生の頃は愛液もものすごくよく出るようになり、性的興奮をするだけで
性器がヒクヒクヒクッと収縮し、オナニーをする前から濡れてたりしたものでた。

他の方のことはよくわかりませんが、私の場合は、高校時代はクリトリスに
被っている包皮の上から縦横に指先で激しく愛撫すると、ものすごく良くて、
膣への指入れを覚える頃までは、いく時は、たいていそこをものすごい勢いで
擦って「いった」ものでした。

自分でジラしながら「いくタイミング」をずらしたり、いくのを我慢したり
すると、余計いいのも知りました。

ジラしている間は、小陰唇を指で挟んで擦ったり、膣前庭を擦ったりして
気持ち良さを感じながらジラし、いきたくなると一気にクリトリスの包皮を
擦って、間接的にクリトリスを愛撫し、いく瞬間は、足がピーンとなって腰が
せり上がっていったものでした。

家族が留守の時は思いきり声を出せましたが、普段は家族が寝ている夜の
オナニーですから、声を押し殺すのが大変でした。

こんなことを書いていると、また変な気持になってきました。

明日は休みですから、これからまた・・・・です。

※ ブログランキングに参加していますので、もし、よろしかったら、ポチっ
と応援してくださると嬉しいです♪

⇒ 人気ブログランキング 人気ブログランキング
⇒ FC2BlogRanking FC2 BlogRanking


2013年6月5(水) 午後11時45分




| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバック
Copyright © since2013 自慰依存症OLのオナニー体験告白ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。